スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出産予定日2日後 まだ産まれず陣痛促進剤

どれぐらい時間が経ったのか、助産師さんや先生の出入りが何度かありました。
子宮口は拡がる様子もなし。

研修で来ていた助産師さんがずっと付いていてくれたのは助かりました。
旦那さん、実母、助産師さんに付き添われて、私は恵まれていました。
こんな状態で広い部屋に一人で陣痛と吐き気と戦いながら過ごすなんてムリ

結局、子宮口が開かないからと陣痛促進剤を使うことになりました
イヤだ!という気持ちと、早く生んでしまいたいという気持ちと複雑な感じ。
私の力不足のせいで、この子を生んであげられないのかな・・・?
もう少し頑張れば促進剤を使わなくても生めるのかな・・・?
そんな私の気持ちを察してか、母が「今までよく頑張った」と言ってくれました。
そうよね、頑張ったよね?

再び痛みと吐き気との戦い。
出された晩ご飯は、昼ご飯同様見る事もなく下げてもらいました。
飲み食いをしていないため、トイレに行きたくなることもなかったので、助産師さんに導尿してもらいました。
ずっとベッドの上にいるため、時計はあるものの、今が昼か、夜か全くわからない。
後から隣の部屋に来た人も私より先に出産してしまいました。
そのうち、ずっと付いていてくれていた研修の助産師さんが帰ることに。
先生もいつの間にか違う先生に代わっていました。

内診とともに、エコーでお腹の赤ちゃんの様子をチェック。
検診の時は楽しみだったエコー。
私からはエコーの画面が見えない。
今はどんな感じなんだろう?
「赤ちゃんの向きが悪くて下りて来れていない」と先生に言われ、右向きで横になるようにと言われました。
本なんかで「左下にして寝るのがいい」と書かれていたので、私は左下ばかりで横になっていたのですが、それが悪かったの?

痛みはだんだん強くなってきて、それに伴って恥骨が痛むように。
これもどうやら赤ちゃんの向きが悪かったからみたい。
痛みが来る度に「いた~い!」と大声で叫んでしまう。
そのたびに旦那さんがお尻を持ち上げてくれる。
病院で受けたソフロロジーの呼吸なんて出来ない
それでも母親が一緒に呼吸をしてくれたので、まだ出来たのかも。
まだまだ出産に時間が掛かると言われ、旦那さんはひとまず帰宅。

交代で来てくれた助産師さんが一晩中私に付いていてくれ、とうとう深夜12時を迎えました。
気が付けば病院に来て24時間が過ぎてしまいました。

☆応援クリックお願いします☆
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

出産予定日2日後 痛みと吐き気との戦い

眠れない夜を過ごし、朝になり朝食が出されました。

パンとジャム、チーズと牛乳にバナナ 以上。

パンは昔学校の給食で食べたような、こんなパンってどうやったら作れるの?というぐらい美味しくないパン。
個人病院のような素敵なご飯は期待していなかったものの、大学病院のご飯ってこんなものか
私、バナナも牛乳も好きじゃないのですが、食べるといい陣痛が来ると聞いたことがあったので口にすることに。

ちょっとすると、助産師さんになるための研修に来ている人が私に付いてもらうことに。
「助産師さんがフォローするので、付かせてもらっていいですか?」と言われ、私みたいなので勉強になるのかしら?と思いながらも断る理由もないのでお願いすることに。

朝起きたときに何となくムカムカするな~、これって悪阻の時のムカムカに似ている。
助産師さんに「悪阻の時のようにムカムカするんです」と言ったけれど、大して取り合ってももらえず
やっぱり吐き気があったのでトイレへいくと吐きました
そこからは陣痛が来る度に痛みと吐き気が来て、陣痛の度に吐くように。
陣痛に伴って吐く人は結構いるらしく、特に初産婦に多いらしいです。
食欲はないにも関わらず、食べたり飲んだりしたら吐く、痛みと吐き気があるので寝れないという最悪な状態に。
一体いつまで続くんだろう・・・。

朝の時点で内診。
旦那さんは外に出され、ベッドの上でカーテンもなしに複数人の前で「両脚をペタンとベッドにつけて」と大股を開かされたのにはびっくりしました。
検診の時はカーテンがあるのに、子供を産むときは何もないんですね。
まぁ、そんなことも言ってられないか^^;
子宮口の大きさは相変わらず3cm。
3日前の検診の時から変わらず、病院に来てからももちろん変わらず
病院に来る前よりも明らかに陣痛はきつくなってきているのに、全然開いていない

朝、旦那さんが母に連絡をしてくれ、母も病院へ到着

吐き気は相変わらず陣痛の痛みと共にやって来て、そのうち胃液しか出ない状態に。
出された昼食はもちろん食べれず。
何が出ていたのかすら知りません。

どれぐらいたってか、先生がやって来ました。
「ずっと吐いている状態で、母体も弱っている。お産の進んでいないし、破水も少し始まっている状態。このままだと赤ちゃんもお母さんの身体もよくない状態。栄養補給のために点滴を射ちます。様子をみて、促進剤を射つことになるかも」
せっかく強制入院よりも先に陣痛が来たのに、結局促進剤を射つことになるの?

気が付けば病院に来てから12時間以上が経過。
友達に何時間掛かったとか、初産は10時間以上掛かるとか聞いてびっくりしていたけれど、気が付けばそれ以上の時間が経っていました。

☆応援クリックお願いします☆
FC2 Blog Ranking

出産予定日2日後 病院へ

40W2D

40W2D 9/4 出産予定日2日後。
前日の23時頃より陣痛が10分間隔ぐらいで来ていたので、お風呂に入り深夜1時頃病院に電話
前回掛けた時は前駆陣痛っぽくてダメだろうなと思ったのですが、今回はたぶん大丈夫だろうという気持ちで電話。
でも、病院へ行ったのはいいけれど、帰らされるのも嫌だな

何時頃からどれぐらい間隔で陣痛が来ているかなどを聞かれたので、23時頃から10分間隔ぐらいでと答えると、えっ?!23時から?というような反応でした。
やっぱり電話するの、ちょっと遅かったかな^^;
「3日前の検診で子宮口が3cm開いていたんやね。じゃあ、一度様子を見るので病院へ来て下さい。ただ、状況では一度帰ってもらうことになるかもしれません。何時頃になりそうですか?」
「今からだったら1時半ぐらいかな・・・?」
「わかりました。じゃあ、待っています」
従弟の奥さんが2度病院へ行って帰らされたというのを思い出す(そして、挙げ句帝王切開だったらしい)。
う~ん、一度帰るのは面倒だし、家で過ごすのは心配だし、出来たら帰りたくない><

そこから入院のために準備していた荷物を持って、お風呂上がりで濡れた髪を乾かしたりと準備をして、旦那さんに車で送ってもらう
母には「何かあったら連絡するように」と言われていたけれど、とりあえず病院で様子を聞いて急を要するようなら連絡することに。

「今から出産するねんで。まだ信じられへん」とか
「出産、代わってみたい?」なんて会話をしながら車で移動。
一度寝てしまって、起きて移動するよりは、起きた状態だったのはよかったのかも。
きっと一度寝ていると起きれていない起きてもめちゃめちゃ眠たかったと思う。

結局、病院へ着いたのは2時ぐらい。
夜間の通用口から入り、産婦人科病棟へ
また同じように状況を聞かれ、NSTをし、内診。
NSTで陣痛が確認出来ると、助産師さんがお尻を持ち上げてくれた。
何?何か楽。これがもしかしてよく言われているテニスボールがあると役立つってやつ?

内診は先生を待っていたけれど、来れそうにないからと助産師さんがしてくれました。
なんて言われるのかドキドキしていると、助産師さんに「不定期の時もあるけれど、大体10分間隔で定期的に陣痛が来ているし、子宮口も3cm開いているので、帰らすわけにいかないのでそのまま入院してもらいます」と言われました。
よかった。帰らされずにすんだ。
でも子宮口が3cmって、3日前から変わっていないってこと?ちょっとショック
病院で着る服やリストバンド装着の確認でサインをしたり、朝になったら旦那さんは入院手続きをするように言われたり、本当に入院するんだという感じ。
服は病院服に着替え、下着は助産師さんにT字帯とお産パットを着けられました。
ずっと生理になってすぐぐらいの薄茶色の出血があり、T字帯とお産パットだけではガサガサして気持ちが悪い

LDRに2人になると、仕事で疲れている旦那さんはソファーでうとうと
私も横になって寝ていると、今まで「イテテ」という間隔ぐらいだった陣痛が、来る度に目が覚めるように。
だんだん陣痛も強くなってきてる?
そして、朝を迎えました。

☆応援クリックお願いします☆
FC2 Blog Ranking

出産予定日翌日 陣痛

40W1D

40W1D 9/3 出産予定日翌日。

前日の朝は10分ごとに陣痛があるっぽい?と思ったのの、この日は特になかったので旦那さんに会社へ行ってもらうことに。
そして、また母に家に来てもらいました。
何か昨日1日空振りに終わったから、この日も来てもらう必要があるんだろうか?という気もしましたが、急に破水したとかなってもあたふたなって対応出来なさそうなので、来てもらえるんだったら有り難い。

思いついたようにお腹が痛くなる時間を控えてみるものの、いつの間にかお腹の痛みがなくなって時間を計るのを忘れるぐらいの感じ。
もし昨日病院へ行っていたとしても、この時点で何もないんだから間違い無く帰らされていただろうな^^;

何かおやつ食べたいとか話しながら夕方にお買い物。
晩ご飯、今日も作らないといけないのかな
スーパーに行くと、5周年記念とかでお野菜とか安い
たまねぎは日持ちするしとか話しながら結構買い物してしまった。

この日、旦那さんはちょこちょこ連絡をくれて様子を聞いてくれていたのですが、早く帰れる予定が遅くなると連絡が。
何かあったらすぐに連絡ちょうだい。すぐ家に帰るからと。

母も20時ぐらいまでいてくれたのですが、父も次の日仕事なので、さすがに帰ると言われました。
結局、晩ご飯を作ることもなく、20時から1人で過ごす。
テレビを観ていると、ちょうど世界仰天ニュースで出産の話が。
夜寝ているときに陣痛が来て、間に合わず家で出産した話とかしていてビビリまくり
この人は2人目だから生まれたのが早かったんだ、きっと。と言い聞かせてみた。

23時、旦那さんから帰るという連絡が。
その頃、何となくお腹の痛みが再びあり、時間を計ってみると10分間隔っぽい。
もしかしたら入院って有り得るかもと、家の片付けをちょこちょこ。
多分、旦那さんの家族が泊まるだろうから、あまり汚くしていても恥ずかしい。
とりあえず旦那さんが帰ってくるのを待ち、旦那さんは24時ぐらいに帰宅
一緒にお風呂に入り、その時も痛みは大体10分間隔。
自分だけではなく、旦那さんにも「10分間隔になってきている」と言われると確信が持てる。
そして25時、病院へ連絡

☆応援クリックお願いします☆
FC2 Blog Ranking

 ▲ 

プロフィール

beforemom

管理人:beforemom
フーナーテスト2回とも×。
そろそろAIH?と思った矢先、自然妊娠。
9月5日、男の子を無事出産しました。

1977年産まれ
 旦那さん1974年産まれ
2003年 3月 旦那さんの会社で派遣で働く
2004年 2月 お付き合い開始
2005年 1月 結婚を機に退社
2005年 3月 入籍
2005年 4月 結婚
2005年11月 子作り解禁
2006年 4月 基礎体温計開始
2007年 1月 産婦人科デビュー
2007年 2月 早くも病院通いを挫折
2007年 3月 子作りお休み
2007年 9月 子作り再開
2007年10月 病院を変える
2007年12月 陽性反応

子宮癌 陰性
クラミジア 陰性
卵胞ホルモン ○
黄体ホルモン △
(ちょっと低め)
フーナーテスト ×(2回とも)
TSH ちょっと高め
プロラクチン ○
精子検査 ○
抗精子抗体 陰性
卵管造影 ○

第二子は人工授精で女の子を出産しました♪

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
コメントありがとうございます!
リンク
オススメ♪



ピジョン オンラインショッピング
ベビーカーから授乳服まで色々買いました♪
出荷も早いのでお気に入りです。

ベネッセショッピングモール ピースマイル
おしゃれ妊婦の通販サイト ピースマイル
ベネッセのたまひよモールです。
私も授乳口付きの服と授乳に便利なニットストールを買いました♪

こどもちゃれんじbaby資料請求
<こどもちゃれんじ baby>資料請求されたかたへ全員無料プレゼント中♪
月齢に合わせたおもちゃが届きます。
我が家も始めました♪
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。